ドッグフードの種類

 

人間にとっても食事が健康を左右するポイントであるように、犬にとっても食事は健康を左右する重要な要素です。
ペットの犬の場合その食事というのは多くが「ドッグフード」と呼ばれる専用のものになるでしょう。
まずはこのドッグフードにどんな種類があるのかについて見てみましょう。

ドッグフードにはいくつかのカテゴリがあり、目的によって参照するカテゴリを変える必要があります。
まず一つのカテゴリとして「美味しさ」があります。
犬にも味覚や嗅覚があり、食感による楽しみを感じています。
そのため、犬にとって美味しいドッグフードと、そうでもないドッグフードというのが存在しています。
基本的にこれを左右するのは「水分量」です。
水分量が多いドッグフード(ウェットタイプやロータイプと呼ばれるもの)ほど食感が実際の食品に近く美味しいと感じられる傾向があり、逆に少ないもの(ドライタイプとよばれるもの)ほど楽しんで食べない傾向があります。
他のカテゴリとしては「用途」があります。
主食用のペットフードだけではなく、ダイエット用のペットフードやサイドフード、おやつや歯磨き代わりのフードなど様々です。

もう一つ重要なカテゴリーであるのが「年齢別」のフードです。
「ステージ別」と呼ばれることもありますが基本的には同じものです。
この先のサイトではこの年齢別フードを中心に、犬の加齢と食事、そしてそのためのドッグフードの選び方について紹介します。


▽推薦サイト
人工添加物を一切使っていないドッグフードの通販サイトです ⇒ ドッグフード 通販